バイク 感想 体験談

バイクへの心配

私がバイクに対して思うことは、乗っていて怖くないのかなということです。

 

颯爽と道路を走る様は楽しそうだし清々しいとは思うのですが、事故に合わないのかなと見ていて不安になります。
私がハッキリとバイクは危ないと思ったのは、私が乗っていた車にバイクがぶつかって転倒してしまったことがキッカケです。

 

それは駐車場での出来事でしたが、路面が濡れていたし坂になっていたのでブレーキの制御などが上手くいかなかったのかもしれません。
幸い運転手に大きな怪我はありませんでしたが、幼少の頃に経験したこの事故のせいですっかりバイクは危ないものだという固定観念ができてしまっています。
狭い駐車場ならそれほどスピードも出さないと思うのでまだいいですが、道路だとそうもいきません。
結構危ない運転しているバイクをよく見ます。

 

私の住んでいる県はかなり交通事故が多く、制限速度が全く守られていない大きな道路があります。
そうした所を走っていると、車の合間を縫って走行しているバイクを何台も見ます。

 

その中には、途中で事故って転倒してしまったバイクもありました。
バイクと車の死亡事故があって目撃者を探しているという立て札もよく見かけますし、ここまでくると危険度が高すぎるのでバイクの魅力も霞んでしまいます。

 

バイクはディスプレイとして見ている分にはかっこよくていいなあと思うんですけどね。
自分も大型のバイクを乗り回したらカッコいいだろうななんて妄想したこともあります。
ですが、何と言ってもバイクは車と違って身体を守ってくれる装甲がありません。

 

一度事故を起こしたら運が悪ければそれまでですし、車の事故よりも遥かに重傷化しやすいので怖いです。
小回りが効くとか場所を取らないとか利点がたくさんあるのはわかりますが、それも安全あっての利点です。

 

私はバイクを乗りこなす自信もないし、そんな状態で公道に出ても迷惑に決まっています。

 

だから私はバイクはカッコいいなとは思っても、自分では乗りたくないなと思います。

 

家族にもバイクに乗ろうかなと言っている人がおり、それも説得して止めさせたほどでした。

 

 

 

ローカル線で心のプチ充電

 

高所恐怖症で自律神経の弱い私が主に交通手段として利用するのは、電車です。

 

飛行機は安全だと言われ無理をして乗っても、こんな重い乗り物がこんな高所を飛ぶことは、やはり不自然だと言う恐怖感がどうしても拭えずせいぜい2,3時間の短時間が限度で、バスやタクシーなどの自動車もたまに利用しても、乗り物酔いを起こしてしまうことが多かった為、いつからか目的地の近くまで可能な限り電車を乗り継いで利用して、そこからは多少遠くても歩いて移動することが多くなりました。

 

もちろん地上を走る鉄道に限らず、地下鉄やリニアそして新幹線も含め、全て利用しますがその中でも一番好んで利用しているのがローカル線です。

 

今まで他府県への移住も含め5回引越しをしており、都市部や田園地域そして1050m級の高原地などを含め、利用する度に地元の人達の方言が飛び交う、楽しげなお話に耳を済まし心和ませながら、その地方や地域ごとに趣の違う列車に揺られ、窓からの風景を楽しみながらゆったり過ごす時間が、私のとっておきの癒しの時間です。

 

特に約束もなく予定のない時など、旅行者の少ない時期の平日に、普段あまり利用しない線の電車に乗り、何となく気になった駅で降りたりすると、思いがけない名所や風景に出会えたり、何気なく立ち寄ったお店でその地域の名物料理を味わう事が出来たりします。

 

どうしても仕事に追われ時間に追われ、日々何かと慌ただしく過ごしがちですが、もし少し時間に余裕が取れそうな時や、最近心が疲れるなと感じたら、是非いつもと違うローカル線を利用して行ったことのない新しい場所へと足を伸ばすことをお勧めします。

 

のんびり焦らず、出来ればノープランで出掛け、無理をせずその時その場所でもう少し長く過ごしたいと思ったらその地で泊まることも考えたりして、こんな時代だからこそ出来る心のプチ充電をローカル線の利用で是非お試し下さい。見知らぬ場所で新たな自分を発見出来るかも知れません。

 

そういえばバイクに乗っている方を見ると羨ましい反面、非常に恐怖を感じます。
冒頭で私は自律神経が弱いというお話しをしましたが、バイクなどとても乗れないと感じます。

 

しかし、風を切って大自然を体一つで体感するという事にある種、大きな魅力を感じ得ません。

 

もし生まれ変わったなバイクを乗り回し、大地の鼓動を直に感じたいと願います。