菌活したい!体に良い菌を持つ食べ物は?

菌活のための食品、善玉菌を多く含む食べ物は??

人の腸内には善玉菌や悪玉菌を始めとするさまざまな菌が生息しています。

 

善玉菌とはその名のとおり体に良い菌のことであり、健康を維持するために必須の腸内細菌です。
逆に悪玉菌は有害物質を腸内に発生させるため、悪玉菌が増えると腸内環境が乱れて下痢や便秘などを引き起こします。

 

そこで近年注目を浴びているのが菌活です。

 

菌活とは、善玉菌のような体に良い菌を食事から積極的に取り入れることをいいます。
菌活を行うことによって腸内環境を整えることができ、健康や美容の面で良い効果を期待することが出来ます。

 

ではどのような食べ物と菌があるかというと、まず発酵食品には体に良いたくさんの菌が含まれています。

 

納豆
例えば納豆です。
納豆菌は納豆を作るために必要な菌ですが、もちろんそれだけでなく、納豆菌にはナットウキナーゼという成分が含まれています。
ナットウキナーゼは血栓溶解酵素を活性化させる働きがあるため、動脈硬化の予防に効果的です。
また、また腸内の悪玉菌を減らす作用があり、血液をサラサラにします。

 

ヨーグルトやチーズ
他には、菌活に有効な成分として有名なのが乳酸菌です。
乳酸菌は主にヨーグルトやチーズ、キムチなどに多く含まれており、腸内を酸性にすることで善玉菌を増やして腸内環境を整えます。

 

さらにヨーグルトはさまざまな種類があります。
例えばヘルシーなことで有名な水切りヨーグルトや、ヨーグルトのたね菌を使用して作る手作りヨーグルトなど、好みに応じて摂ることができることがメリットです。

 

きのこ
また、きのこは食べることできのこ菌そのものを摂ることができます。
きのこは食物繊維が豊富で低カロリーなだけでなく、各種ビタミンが豊富に含まれているため、整腸作用はもちろん、美肌効果や体力回復効果、免疫力活性効果なども期待できます。

 

ワインや味噌など
その他にも、ワインからは酵母菌、味噌からは麹菌や酵母菌などを摂ることが可能です。

 

このように各種発酵食品には体に良い効果をもたらすとされるさまざまな菌が含まれていますが、菌活をするにおいて大切なことは継続することです。

 

 

継続が重要!

食べたものは毎日便となって排出されてしまいます。
そのため、一日のみ食べ物に気をつけてもあまり意味はありません。
毎日継続して何かしらの菌を含む食べ物を食べることが大切です。

 

そして続けるためには、自分が食べやすいものを選ぶことがおすすめです。
例えば納豆が苦手なのに、毎日納豆を食べることは大変です。

 

複数の食材をいくつか組み合わせてさまざまな菌を効率よく摂取しましょう。

 

 

プレミアスリムビオは腸内環境、デブ菌ヤセ菌のバランスと理想のボディラインの事を考えそれらに必要な栄養価をギュっと濃縮したサプリメントです。
腸内環境改善のための菌活、毎日の乱れがちな食生活を綺麗にコントロールしてくれます。
腸内環境を整え理想の菌活を!