善玉菌 悪玉菌 腸内最近

腸内細菌とは一体何?何をしているの?

腸の状態を良くすることは健康につながるため大切なことです。腸の状態を良く保つためには善玉菌と悪玉菌などの腸内細菌について理解しておく必要があります。

 

腸内には善玉菌と悪玉菌の腸内細菌が存在しています。
腸内には細菌が生息できる場所が限られており、どちらの菌も勢力をのばそうと戦っており、種類ごとに集まって腸内フローラを隙間なく作り、善玉菌が増えると悪玉菌は減ったり、その逆もあるという腸内の状態となります。

 

善玉菌はビフィズス菌などの乳酸菌や納豆菌、酵母菌などで健康を維持するためなどに必要な物質を産生しています。
またビタミン、消化吸収、脂質代謝、免疫の活性化、感染を防いだり、腸の運動などの作用があります。

 

一方、悪玉菌は腸内で有害物質を作ったり、腸壁を傷つけたりします。
これらの状態が続くとがんにを引き起こすことなど病気につながってしまうのです。

 

肝臓を弱らせることもあり、肝臓の機能が低下すると解毒されなくなり、有害物質が体内にまわってしまって生活習慣病や老化の要因になります。
腸内をアルカリ性にして免疫が低下、便秘になるなど身体に悪影響を与える菌なのです。

 

しかし、悪玉菌がゼロの状態が良い腸内環境とは言えません。
不要な菌ではなく、善玉とのバランスが大切なのです。善玉が優位になるように食べ物なので整えることは必要なことで、悪玉がいたとしてもそれよりも善玉が多い状態が良い状態と言えます。

 

善玉菌の増やし方は善玉が多く含む食事を摂ることが必要です。
また、善玉菌を多く含むサプリも有効です。

 

代表的なのは乳酸菌とビフィズス菌があり、ヨーグルトやチーズ、醤油、味噌汁、納豆などを積極的に摂取するようにします。
特に納豆菌は悪玉を殺す作用があるため腸内で善玉を増やすには良い食べ物です。

 

また食物繊維を多く摂ることも必要で、それにオリゴ糖を一緒に摂ると良い善玉が増えます。
オリゴ糖は大腸まで届く成分で、オリゴ糖が含まれる成分は牛乳、バナナなどがあります。

 

またグルコン酸も善玉を増やすもので、はちみつはオリゴ糖とグルコン酸の両方を含んでいるので効果的です。
悪玉はタンパク質を好み、必要以上に摂取すると増える要因になります。

 

タンパク質も必要な栄養素ではあるため、タンパク質を摂るのであれば脂身が多い肉ではなく、魚介類や豆類から摂取すると良いです。
悪玉は食生活だけで増える訳ではなく、ストレスも善玉と悪玉のバランスに影響を与えます。

 

過度なストレスは自律神経を乱す要因になるためストレスを発散させることも腸内を良い環境に保つためには大切なことなのです。

 

プレミアスリムビオは腸内環境、デブ菌ヤセ菌のバランスと理想のボディラインの事を考えそれらに必要な栄養価をギュっと濃縮したサプリメントです。
腸内環境改善のための菌活、毎日の乱れがちな食生活を綺麗にコントロールしてくれます。
腸内環境を整え理想の菌活を!